三田電設株式会社

架空送電線の架線工事及び鉄塔組立工事

私達は電力の安定供給を通じて、人々の暮らしを守り、社会に貢献しています
スケールの大きさが我々のやりがいにつながります。

架線-min.JPG
 
鉄塔男性_0005-min.jpg

我々は

「ラインマン」と       呼ばれています

​送電設備の建設・修繕工事が仕事。

​スケールの大きいやりがいのあるお仕事です。

​発電所から皆様のもとへ、電気を送るための道筋を造っています。その中心として、鉄塔を建て、電線を張り、設備を守る仕事に従事している人たちを「ラインマン」と呼んでいます。

 
shigoto_3-2.jpg

​基礎工事

​山の中腹や頂上、海上など、機械の搬入から重機による掘削、鉄筋組立、コンクリート打設をして基礎工事をします。

鉄塔の組立工事

クレーンで吊り上げた鋼材を上空へ積み上げて行きます。
クレーンとラインマンとが一体になって組み上げます。

鉄塔組立-min.JPG
架線工事風景_3-min.jpg

架線工事

地上約100メートルと高い鉄塔と鉄塔の間を、ヘリコプターやドローンを使って電線をつなげていきます。

​これで電気の通る道が完成します。

 

万全の安全装備と徹底した安全確保システムが構築されています。

安全は現場にあり装備にあります。
何重もの取組がライマンを守り、安心して働ける環境が生まれます。災害ゼロは全員の願い、危険のリスクは即時に対処し、墜落と感電防止のルールも徹底しています。
また、装備や機器も安全第一で考えられたもので、たえず最新の装備や機器を使用し安全の確保に努めています。

架線工事風景_2-min.jpg
 
鉄塔作業風景_1-min.jpg
鉄塔組立-min.JPG
4 西岡山連絡線53-min.JPG
3 西岡山連絡線53-min_edited.jpg